自然のちから

窯変煉瓦

今も、昔ながらの手法で伝統の喜多方煉瓦は焼き続けられています。

その中でも、一回の焼成でわずかしかできない窯変煉瓦は、特に人を惹きつける「何か」を持っているようです。
土、水、木、火の自然素材に、人の感性と偶然が生み出す天運が加わることで、窯変煉瓦は生まれます。

大量生産では味わえない、独特な風合いを持った喜多方煉瓦は、何度も何度も人の目と手によって生み出されていきます。
現代では失われつつある「感性」と言う名の絶妙な力を持ったものづくりは、まさに「魂のこもった」ものづくりとなり、そこで生み出される煉瓦自体がやまない魅力のひとつとなっているのかもしれません。

ぜひ一度、この煉瓦を手に持ってみませんか?


近代化産業遺産「三津谷の登り窯」見学のご案内

登り窯外観

公開日
通年
(※毎週水曜日と木曜日及び冬期間《12月1日~3月20日頃まで》は予約のみ見学可能)
作業上の都合により、臨時的に非公開となる日もございます。
公開時間
午前10時から午後5時まで(当会員が同行し案内と解説も可能です。)
見学予約
個人見学の方は予約不要ですが、なるべく事前予約をお勧め致します。
団体見学(10名様以上)は7日前までにご予約ください。
料金
無料
駐車
普通車5台 大型可

復活煉瓦について

基本的には受注生産となりますので、 在庫品の確認は都度お願いしております。
復活煉瓦の焼成は、全て手仕事で行われます為にかなりの期間を要します。お問い合わせの際はお早めにお願い致します。
尚、冬期間(12月~3月)は、気温低下のため「焼成作業」は行いません。